授乳中にツナ缶は控えるべき?どの位ならOK?母乳や赤ちゃんへの影響など注意点3つ

大人から子供までみんな大好きツナ缶ですが、フタを開けるだけで使えるので、子育て中の忙しいお母さんたちのレシピにはよく登場していると思います。

さらに栄養もあり高たんぱく質でヘルシーなので、某スポーツジムではダイエット食としても推奨されています。

だけどいくら簡単に使えるからといって、すべての料理にツナ缶を使うわけにはいきませんよね。

食事のバランスが特に大事な授乳中の時は、1日に何回くらい使ってもいいのかな?どれくらい食べると体に影響が出るのかな?など、お母さんたちの疑問に答えていきたいと思います。

 

——–

ハルカ(妻)
少し宣伝です!
お魚メニューもあって、全国宅配もできるウェルネスダイニングは、こちら↓から。

たまにはこういうのにも頼って、上手に育児していきましょう!
手を抜きたい時もあるでも食事には最低限こだわりたいあなた向けです。

レンジでチンですぐ食べられる宅配食の他に、15分で作れるお料理キットもありますよ~。

——–

 

Sponsored Link

授乳中、ツナ缶は控えるべき?

友人
ハルカさん、こんにちは。最近、授乳中で疲れ気味なこともあって、簡単ですぐ使えるツナ缶のレシピばかりになっているのですが、大丈夫でしょうか?
ハルカ(妻)
そうなのよね。ツナ缶は美味しいし、手軽だから私も忙しいとついつい頼っちゃうんだけど、やっぱり食べ過ぎには注意しなきゃね。

今は色々な味付けやサイズのツナ缶が売られていますが、一般的なサイズのツナ缶(油漬けの薄型70g)のもので、約200Kcalあります。

そのうちの可食分は50g程度ですので、油を捨てずにそのまま料理に使用すると、少し高カロリーな食品になってしまいます。

その点、水煮のツナ缶だとカロリーは約1/4の50kcal程度に抑えられ、油も使用していませんので脂質は1缶あたり1gほどになります。

参考:はごろもフーズHP

友人
カロリーはなんとなく分かっていたけど、脂質がこんなにも違うのにはビックリしました!

授乳中や出産後のお母さんの体には、多くのたんぱく質が必要です。そのため、たんぱく質が多いツナ缶を特別控える必要はありません。むしろ積極的に利用して、不足しがちなたんぱく源として補給してほしいです。

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」によると、授乳期は18歳以上の成人女性の1日の必要たんぱく質50gに、プラス20g増やすように推奨しています。

授乳中の摂取カロリーとたんぱく質の目安
  • 18~49歳女性の1日のエネルギー必要量⇨2000kcal(授乳中は+350kcal)
  • 18~49歳女性の1日のたんぱく質の必要量に+20g⇨70g

しかし過剰摂取になりやすい脂質に関しては、授乳中でも特別に増やしてほしいことは書かれていませんので、なるべく脂質のない水煮を選び、1日のたんぱく質70gの内訳バランスを考えながら摂取しましょう。

ワタル
ここで豆知識。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の割合は1:1が理想とされているよ。この割合が日本人が世界一の長寿国にしたと言われているんだよ。すごいね。
ハルカ(妻)
授乳中は油漬けではなく、素材そのままや油・塩が無添加のツナ缶を選んだ方が食事のバランスがとりやすいと思うけど、食べたい時はあまりガマンしないで、好きなのを選んでね。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の理想の割合と、動物性たんぱく質の種類(肉・魚・鶏卵・乳製品など)から考えると、ツナ缶は1日1~2缶程度なら全く問題ありません。

1日のツナ缶の摂取量の目安

70g(可食量50g程度)のツナ缶=1~2缶程度が目安

ただし、1度の食事で摂取する動物性・植物性たんぱく質の総量は25gまでに抑え、毎食時にバランスよくたんぱく質をとり入れることを考えると、1回の食事に1缶までがよいでしょう。

友人
朝はツナサンド、夜はツナサラダみたいにツナ缶を使ってもよさそうですね。
ハルカ(妻)
家族みんなでシェアする時も、70gの缶を1人1回1缶まで。みたいにしておくと献立を考えるものラクになるわね。

 

Sponsored Link

授乳中にツナ缶を食べる時の注意点3つ

ツナ缶はヘルシーでたんぱく質も多く、できれば毎日たくさん食べたい所ですが、実は少し気を付けてほしい点がありますので、参考にしてみてくださいね。

EPA・DHAの含有量は期待しない

発達中の子供の脳や大人の認知症予防にも有効とされている海洋由来のメガ3系脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が、ツナ缶にはあまり含まれていないと言われています。

このオメガ3系脂肪酸は、母体が摂取したものが母乳に移行すると言われていますので、授乳中のお子さんのためにも一生懸命摂ろうと頑張っているお母さんもいるかと思います。

しかし、ツナ缶は残念ながら他の魚介の缶詰よりもDHA・EPAの含有量が少なめなんです。

引用:サントリーウエルネスHP

1日にDHA・EPAを合わせて1000㎎以上摂ると良いとされていますが、上から4番目のツナ缶だけで摂取しようとすると、かなりハードルが高くなり、食事のバランスも崩れてしまいます。

良質な母乳を作るにはバランスのよい食事が大切です。

ツナ缶に含まれる栄養素ばかりを気にせず、食べる時はどんな食材にも合う便利さや手軽さ味の好み値段の手ごろさなどでツナ缶を選んで幅広く利用するようにしましょう。その方が長い目で見た時に、食事のバランスもよくなるはずです。

ハルカ(妻)
植物由来のオメガ3系脂肪酸のクルミの記事も読んでみてね。植物由来と海洋由来のオメガ3系脂肪酸を同時に摂ると、相乗効果があってより効果的と言われてるのよ

授乳中にくるみはダメ?どの位ならOK?母乳や赤ちゃんへの影響、おすすめレシピも!

2019年8月4日

乳腺炎への注意

ツナ缶に使われている油は、魚の脂ではなく植物性の油(大豆油や加工されたサラダ油など)なので、油漬けのツナ缶を多く食べてしまうと、同時に加工油を多量に摂ってしまうことになってしまいます。

血液をドロドロにして母乳の質の低下を招き、母乳がまずくなった結果、母乳を作りだすバランスと飲んでもらうバランスが崩れ、乳腺炎を引き起こす原因になります。

缶詰にされた段階で魚の脂も漬け油に多少は溶け込んでいるとは思いますが、元々ツナ缶に使用する魚の部位が脂のない部分なので、ツナ缶の油は、ほとんど加工油と考えておいてください。

ハルカ(妻)
私もオススメの宅配サービスのパルシステムのツナ缶は、こだわりの製法で作ったなたね油を使って作ってるから体にも優しくて人気の商品なのよ。こちらの記事でパルシステムの紹介をしているから、参考にしてみてね。

食品・食材宅配サービスおすすめは?安さ目線で比較、3選を紹介!

2019年1月29日

BPA(ビスフェノールA)の溶け込み

BPA(ビスフェノールA)は、プラスチックの安定剤や缶詰の内側に塗装される合成樹脂の原料で、洗剤や酸、熱や油脂などに溶け出す性質のある化学物質です。

酸性の強いトマトの缶詰でも溶け込み量の検出結果の多さで、その存在が広まりましたが、油を使用したツナ缶でも過去の検査で多くのBPAが検出されたこともあり、ツナ缶でも見逃せない物質となってしまいました。

このBPAは母親の過剰摂取により母乳に残留することが分かっていますので、母乳を飲んだ乳児の体内にも入ってしまいます

母乳試料以外で報告されているヒトサンプルのBPA濃度結果を表3に示す。臍帯血や羊水,成 人血清中のBPA濃度の測定結果と比較すると,高濃度 であることが明らかとなった。

今回,102検体(100%)すべての初乳検体からBPAが抽出されたこと,またその濃度が,血清や臍帯血・羊水に比べて高い濃度であることは,授乳行為により,初乳を摂取する新生児にBPAが移行していることを示唆している。

引用:日本助産学会誌 第18巻 第2号

また、BPAの有害性は短期間に発生するというよりも、妊娠中や授乳期に受けたBPAのせいで、将来的に神経障害による多動行動を見せたり、性機能の未発達などを引き起こす可能性があると言われています。

残念ながら缶詰を食べたりプラスチック製品を利用している間は、このBPAを完全に避けることが出来ないのです。

なるべくプラスチック製品を使用しない(ガラス容器やステンレス製品を選ぶ)、缶をそのまま加熱使用しないBPAを使用していないことを明記している製品を選ぶようにするとよいです。

ツナ缶の場合も、レトルトパウチのものや、BPAフリーのツナ缶を選んだり、BPAに関してきちんと対応していると宣言している会社のものを購入するなど、消費者側が行動することも大切です。

国内で数少ない、缶の内装に合成樹脂を使用していないと記載しているツナ缶です。使用しているスープの材料も国産無農薬で安心安全です。

お子さんに使う哺乳瓶も、BPAフリーのものを選んでみませんか?見た目もとってもオシャレですよ。

 
 

ツナ缶をよりおいしく食べるには?

友人
1日の摂取量も分かったし、だいぶツナ缶に詳しくなった気がします。でも、いつもレシピが一緒になってしまうんです・・・。何かよい方法はありませんか?
ハルカ(妻)
もしかして、いつも同じツナ缶を使ってるからじゃないかしら?ツナ缶にも種類があるから、上手に使い分けると料理のバリエーションも増えるわよ。

ツナ缶とひとことで言っても色んな種類があります。ここでは、一般的に手に入りやすいツナ缶で説明していきます。

ツナの形状と缶の大きさ

缶詰にされているツナの形状は大きく分けて3種類あります。

引用:はごろもフーズHP

多くの方は普段フレークタイプを使っていると思いますが、ブロックタイプ(ソリッド・ファンシー)や、かたまり(チャンク)タイプも簡単に手に入れることができます。

その中でもかたまり(チャンク)タイプは、見た目や形状から鶏肉や豚肉の代わりに使うことが出来ます。

かたまりなので食べ応えもあり、保存も効くツナ缶なので、いざという時のためにも常備しておきたいですね。

こちらのかたまりタイプは、大きい缶のタイプ(70gタイプの缶のおよそ2倍のサイズ)になるので、購入時は、パッケージと共に、缶の大きさも参考にして探してみてくださね。

【使用例】

  • 親子丼の鶏肉の代わりに
  • カレーやシチューの豚肉の代わりに
  • かたまり肉の料理への使用

参考レシピ:シーチキンで安くて美味しい☆他人丼

引用:cookpad by;suisuim

◎材料2人分

ツナ缶(かたまりタイプ) 1缶
玉ねぎ          半分
卵            3個
★あわせ出汁
水            100ml
醤油           大さじ3
みりん          大さじ2
砂糖           大さじ1
だしの素         小さじ半分
(三つ葉や刻み海苔などお好みで)

詳しい作り方はコチラから

使われている魚の種類

『ツナ缶=マグロ』と思っている方が多いと思いますが、実はそうではありません。

引用:いなば食品HP

注目してほしいのが、カツオを使用しているという点です。

ワタル
え?今までずっとツナ缶は全部マグロだと思っていたよ!驚きだね。

よくスーパーで見かけるマグロのツナ缶で使用されているのは、キハダマグロが多いように感じますが、マグロとカツオのツナ缶には味も値段も大きな差がありませんので、すべて美味しく食べることが出来ます。

栄養素も大きな差はないので、気分次第で使い分けても楽しいですね。

ツナ缶の原料のマグロやカツオについて詳しく書かれた記事もぜひ読んでみてくださいね。

授乳中にカツオは控えるべき?どの位ならOK?母乳や赤ちゃんへの影響など注意点3つ

2019年8月29日

授乳中にマグロは控えるべき?どの位ならOK?母乳や赤ちゃんへの影響など注意点3つ

2019年8月28日

ハルカがオススメする最強のツナ缶の食べ方

なるべく油を摂らないように、水煮タイプや油や塩が完全無添加なタイプを選ぶようにしていますが、どうしてもパサパサした食感に物足りなさを感じることがあります。

ハルカ(妻)
その時に私がやるオススメの方法があるから紹介するわね。ぜひ、作ってみてね。

①ゴマ油を少しだけツナ缶に混ぜる

これは風味と食感を良くするためだけに、ゴマ油を使います。ごま油の栄養素などは気にせず使っています。

しかし、大量に使用すると油の過剰摂取になってしまうので、70gの缶の場合は小さじ1/2程度におさえています。かたまりよりも、フレークの時によくやっています。

ハルカ(妻)
香りが良くなって、食欲もすすんじゃうからごま油の使い過ぎには気をつけましょうね。

②オメガ3系脂肪酸補給のためにエゴマ油を混ぜる

意外と少ないツナ缶のオメガ3系脂肪酸を簡単に補給するために、エゴマ油(またはアマニ油でも可)をちょい足しして使います。

この2つの油は、植物由来のオメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)を多く含み、小さじ1杯で1日の基準量を満たせる油なので積極的に使っています。

欠点として、加熱料理に使えないこと酸化の進みが他の油よりも早い。という点があげられます。なので、少し面倒ですが小さいものを購入して冷蔵庫保存をし、すぐに使い切るようにしています。

加熱料理に使えないということは、レシピもある程度決まってしまいます。

ツナ缶のパサパサ感を緩和してくれて、植物由来と海洋由来のオメガ3系脂肪酸も同時に、そして簡単に摂れることを考えると、エゴマ油(たまにゴマ油も一緒に)+ツナ缶の使い方は最強のオススメ方法です。

小さいサイズで酸化しにくい遮光瓶に入っているので、ちょい足しレシピに使えます。純国産のエゴマ油です。

 

——–

ハルカ(妻)
もう一度だけ!(笑

全国宅配もできるウェルネスダイニングはこちら↓から!

——–

 

まとめ

  • 授乳中でもツナ缶は控える必要はなく、1日1~2缶を適量摂取する
  • 1日の食事のバランスを考えて、なるべく水煮のものを選ぶとよい
  • ツナ缶を含め、1度に摂取するたんぱく質として25gを目安に、植物性たんぱく質も一緒に摂るとよい
  • ツナ缶を使う時の注意点3つ
    1. ツナ缶に含まれるEPA・DHAは意外と少ないので過信しない
    2. ツナ缶に使用されている油は魚の脂ではないので、気を付ける
    3. ツナ缶等に含まれるBPAも少し気にしてみる
  • ツナの形状には種類があるので、用途によって使い分けるとレシピの幅も広がる
  • ツナ=マグロだけではないので、色んな種類を楽しむとよい
  • ツナ缶のパサパサが気になった時は、オメガ3系脂肪酸の多い油を足すと食感も脂質バランスもよくなるので一石二鳥である

たんぱく質も豊富で何の食材でも合う、万能なツナ缶ですので今まで以上に上手に取り入れて、子育中のお母さんたちのレシピを増やすのにどんどん使ってほしいと思います。

フレークのツナ缶は離乳食にも向いていますし、レシピもたくさんあります。授乳が終わったお子さんと一緒に、ツナ缶を使った同じメニューのものを食べる日もそう遠くはないと考えると、なんだかワクワクしてきますね。

授乳期は色々と大変ですが、元気に大きくなるお子さんの姿をみながら、幸せな子育てライフを送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です