A型ベビーカーの値段は高い?相場は?B型AB型との違いやそれぞれおすすめポイントも!

赤ちゃんが生まれてからいよいよ子育てのはじまり。赤ちゃんの1ヶ月検診ではじめてのおでかけをしたり、赤ちゃんを連れて買い物に行ったり、遊びに行ったり・・・赤ちゃんの成長と共におでかけする機会も増えてくると思います。

そんなとき使うのがベビーカー。ベビーカーにはA型やB型、AB型があるけど、どんな違いがあるのって思いますよね。どのベビーカーを使ったらいいのか、ベビーカーを買うのははじめてだし、相場ってどのくらいなのか・・・悩みますよね。

赤ちゃんの成長につれていろいろなものがいるし、できればお手頃な値段で買いたいですよね!
今回は、そんなベビーカーの相場についてまとめてみましたので、ぜひご参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

ベビーカーの種類

アミ
ハルカさん。そろそろ1ヶ月検診で、はじめて外におでかけするんですよ~。
ハルカ(妻)
もうそんなに立つのね。じゃあおでかけの準備をしなくちゃね。
アミ
そうなんです!ハルカさんは、ベビーカーはどんなものを使ってました?いろいろありすぎてどれを使えばいいかわからなくて・・・。
ハルカ(妻)
ベビーカーはいろいろな種類があるからね。じゃあまずは、どんな種類があるか説明するね。
アミ
お願いします!

ベビーカーは、大きく分けてA型、B型タイプがあります。

ベビーカーSG基準(2009年3月改正)

引用:Aprica

A型ベビーカーは主に生後1カ月ごろから使えるものになります。赤ちゃんの頃からたくさんお出かけするママにはおすすめのタイプになります。

B型ベビーカーは、生後7カ月ごろから使うセカンドベビーカーと呼ばれているものになります。子供の成長に合わせてベビーカーを使い分けることもありましたが、今は1台のベビーカーを長く使うママも増えてきています。

アミ
A型ベビーカーは生後1カ月から使えるんですね!
ハルカ(妻)
A型ベビーカーの中でもAB型といって、A型とB型のいいとこ取りした軽量タイプのベビーカーもあるのよ。
アミ
そうなんですね!でも、A型ベビーカーって高いんじゃないんですか?
ハルカ(妻)
そうね・・・じゃあ、ベビーカーの相場を見てみましょう。

 

Sponsored Link

ベビーカーの相場

 

 

では、ベビーカーの相場はどのくらいなのでしょうか。

A型ベビーカーは、1万円から高いものだと10万円近くするものもあります。なかでも、2~3万円代のものが多いです。近年では、さまざまな機能がついているものもあり、AB型ベビーカーの相場もだいたい同じくらいです。

B型ベビーカーは、A型ベビーカーよりも少しお手頃価格になっています。5千円から5万円近くするものがあり、2万円以内で購入できるものが多いです。

アミ
なるほど・・・値段はわかりました!ハルカさんは実際使ってみて、どんなベビーカーが良かったですか?
ハルカ(妻)
そうね・・・いろいろな機能がついたものやコンパクトなものもたくさんあるからね。私のおすすめを紹介しちゃおっかな~。

 

どんなベビーカーがおすすめ?

ママになってはじめて買うベビーカー。ベビーカーは普段から使うため、使いやすくかつ赤ちゃんの安全を守るための機能が備わっているものを選びたいですよね。では、ベビーカーの機能別にみてみましょう。

多機能タイプ

多機能タイプとは、その名前の通り多くの機能を備えているタイプのものになります。例えば、ベビーカーの座面を取り外してチャイルドシートとしても使える機能があります。そのままお部屋に持っていけばゆりかごとして使うことができます。

ベビーシートを乗せれば対面式になり、シートを外すと背面式のベビーカーとして使えます。ベビーシートごと外すことができると、寝ている赤ちゃんを起こすことなく移動できますね。

荷物を持ったままでも、片手で開閉できる優れものです。

軽量タイプ

軽量タイプは、ベビーカーの重さが軽いタイプのものになります。通常のベビーカーの重さは、7~10kg前後となりますが、軽量タイプのものは、4~6kg前後の重さになります。荷物の多くなるママにとってはうれしいタイプですね。

軽量で持ち運びもらくちんなベビーカーです。

3輪タイプ

3輪タイプは押し心地がよく操作性の高いベビーカーです。前輪が1つであることから小回りが利きやすく方向転換がしやすいタイプになります。赤ちゃんとのお散歩に適したベビーカーですね。

こちらのベビーカーは、ママも安心の8つのうれしいポイントがあります。ロックブレーキ機能があり、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりする時にも安心です。他にも容量たっぷりのカゴがあったり、コンパクトに折りたたむこともできます。

 

コンパクトタイプ

軽量タイプと少し似ているところがありますが、軽く、折りたたむと中にはA3サイズほどの大きさにまで小さくなるものもあります。車で遠くのお出かけをするときには、荷物にもならず、お出かけが好きなママにおすすめなものですね。

お家に置いておく時も折りたたむことができるため、収納にも優れているタイプになります。

コンパクトに折りたためて収納スペースに困らないベビーカーです。

キャリーストラップつきで、持ち運びに便利なコンパクトタイプのベビーカーです。生後一ヶ月から使えるので赤ちゃんとのおでかけも安心ですね。

B型ベビーカーのおすすめ

B型ベビーカーを選ぶメリットは、なんといっても安さ!でも、安さだけじゃなく、ママにとってうれしい機能がついているベビーカーをご紹介しますね。

ディズニーキャラクターのかわいいベビーカー。コンパクトなので保管にも便利な一台です。

軽量でコンパクト、その他にもハイシートやダブルタイヤなどママにとって安心な機能が満載のベビーカーです。

アミ
こんなにいっぱい種類があるんですね。迷っちゃうな~。赤ちゃんとおでかけをいっぱいしたいし、コンパクトで軽い持ち運びの便利なベビーカーにしようかな。
ハルカ(妻)
どんなベビーカーにするか旦那さんと相談してみてね。こんな記事もあるから参考にしてみるといいわよ。

ベビーカー選びって結構悩ましい…失敗談も参考におさえたいポイント5つご紹介!

2019年10月6日
アミ
ハルカさん、ありがとうございます。今夜さっそくパパと相談します!

 

まとめ

  • ベビーカーには、A型、B型、AB型兼用のものがある。
  • A型ベビーカーは2~3万円代のものが多い。
  • B型ベビーカーは2万円以内で購入できる。
  • ベビーカーには、多機能、軽量、3輪、コンパクトのものがあり、それらの機能が合わさったタイプのものもある。

 

いかがでしたか。ベビーカーにはいろいろな機能があり、一つの機能だけでなくさまざまな機能が一緒になったタイプのベビーカーが多いなと感じました。ベビーカーを購入するときは、それぞれの家庭に合った機能のものを選ぶことが良いですね。

赤ちゃんの安心と安全のためにも価格のみで選ぶのではなく、価格+必要な機能を選ぶことでおでかけがより一層楽しいものになると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です