愛しい我が子に読んであげたい!大好きな気持ちを伝える絵本5選

子供が生まれて初めて我が子を抱いた時、誰しもしいと思ったことではないでしょうか。

だんだんと成長する我が子に大好きな気持ちを伝えたい。けれども、どうやって伝えればいいの。

と、思ってる人も多いはず。

そんな時は、大好きな気持ちが伝わる絵本を読んであげるのは、いかがでしょうか。

大好きな人の声で読んでもらうと、あたたかなぬくもりは伝わるはず。

そんな愛情が伝わる絵本を紹介します。

 

Sponsored Link

愛情が伝わる絵本 5選

ハルカ(妻)
パパ、子供たちが絵本読んでって持ってきたんだけど、ちょっと手が離せないから代わりに読んでくれる?
ワタル
いいよ。どれを読めばいいの?
ハルカ(妻)
じゃあ、これお願い。
ワタル
え、こんなにあるの!
ハルカ(妻)
子供たちのお気に入りの本なの。私が「あなた達が大好きよ」って伝えたくて選んだ本なんだけど、子供たちも気に入って。
ワタル
そーなんだ。じゃあ、子供たちと一緒に読んでみるよ。
ハルカ(妻)
よろしくね。あとで感想も聞かせてね。

あなたがだいすき

絵本紹介
わたしは あなたが だいすきです

と、ゾウが小さな子供を抱きしめるところから始まり、たくさんの動物達が、いろいろな愛を伝えてくれます。

いつだって あなたの みかた

と恐竜まで出てきます。

そして最後は、ママが優しく包みこんで「だいすき」を伝えてくれます。

 

ワタル
子供を思う気持ちがストレートに表現されてて、「だいすき」が伝わってくるなぁ。
ハルカ(妻)
特に、お母さんが子供を抱いているページの「とくべつ わたしは あなたが だいすき」ってとこが好きなの!

いつまでもすきでいてくれる

絵本紹介
カンガルーのぼうやが、カンガルーのママに「ぼくが○○になっちゃたら~」と、いろんな質問をします。ママは、どんな質問にも優しく答えます。大人になっても、赤ちゃんになっても、大事に思ってることを伝えます。そんなやりとりが、ほのぼのしていて心が温まるお話です。
ワタル
カンガルーのママがどんな質問にも答えてて、その答えがまたユーモアあるんだよね。
ハルカ(妻)
そうでしょ!カンガルーのママの質問の答え方がとても素敵なの!

わたしからあなたへ

絵本紹介
うさぎの子供が主人公で、親うさぎが見守っている様子が優しいタッチで描かれています。

たかい とうを つくって よじのぼる。

でも おちても だいじょうぶ。 しっかり うけとめて あげるから。

と、親うさぎの温かく見守る愛が感じられます。

ワタル
毛布に包まれて寝ている子うさぎを見守る親うさぎのページが印象的だったなぁ
ハルカ(妻)
愛してるって言葉は出て来ないんだけど、親の愛情が伝わってくるのよねぇ

あなたがとってもかわいい

絵本紹介
赤ちゃんの、いろんなカワイイと思った時の表情がでてきます。わらった顔、おしっこした顔、ないている顔、おっぱいのんでいる顔など。そんなあなたが大きくなっても、可愛いと思うお母さんの変わらない愛情を伝える絵本です。
ワタル
まっかになってうんちしている顔とか、あったあったって思い出しながら読んじゃったよ
ハルカ(妻)
どんな顔も、我が子ってカワイイって思うのよね。どんなに大きくなっても、可愛いって思う母の気持ちって変わらないのよね。

パパとママのたからもの

絵本紹介
3匹のこぐまはいつも「おやすみ せかいでいちばん かわいい こどもたち」ということばで眠りにつきます。ところがある日こぐま達は、それぞれに「鼻の周りが白くないから」「男の子じゃないから」「ちびすけだから」自分はかわいくないのかもしれないとおもうのでした。そんなこぐま達に、お父さんぐまは抱きしめながら、生まれたときにママが「こんなかわいいお兄ちゃんくま みたことない」「こんなかわいいお姉ちゃんくま みたことない」「こんなかわいいぼうやくま みたことない」と言ったんだよと教えました。こうして、こぐま達は安心して眠りにつくのでした。
ワタル
兄弟がいれば、もしかしたら自分は兄弟より可愛くないかもしれないって思うことあるよね。そんな時に読んであげたいね。
ハルカ(妻)
そうなの。兄弟ができる時とかに読んであげるのも、いいかもね。

 

Sponsored Link

「大好き」が伝わる絵本を読んであげると…

「大好き」「愛してる」などの言葉を口にするのは、ちょっと照れくさくてなかなか言えないっていうパパやママもいるはず。いつ言えばいいのか、どんな時に言えばいいのかを考えると悩みますよね。

でも、「だいすき」「愛してる」という言葉が書かれている絵本を読んであげれば、子供は自分に向けて言ってもらえている気分になるのではないでしょうか。

読む時に、主人公を子供の名前に変えるなど工夫して読めば、より一層子供に気持ちが届くはず。そうすることによって、子供はお母さんの愛情に満たされるでしょう。

ワタル
パパだって子どもへの愛情は負けないよ!

よーし、今日から毎日「だいすき」が伝わる絵本を読みまくるぞー!!

ハルカ(妻)
はいはい(笑) よろしくね、パパ。

 

絵本を読むときは

膝に座らせて読んであげましょう

「お膝においで」と言ってあげると、喜んで座ってくるはず。

膝に座らせることにより、温もりを感じとり、とてもリラックスします。読む声も、より一層近くに聞こえるはずです。

スキンシップにもなり、子供にとっても、すごく幸せを感じる一時ではないでしょうか。

読んで!って言われたら読んであげましょう

「この本読んで!」と、嬉しそうに本を持ってきますよね。その本を読んであげると、嬉しそうに真剣に聞いてくれている顔を見ると、自分の顔もほころびますよね。

そんな我が子を見ていると、より一層愛しく思えちゃいます。子供にも、その気持は自然と伝わっているのではないでしょうか。

子供にとって読んで欲しい本を読んでもらうことは、自分の願いを受け入れられたと感じる時ではないでしょうか。

自分の時間がゆるすかぎり、子供が絵本を持って来たときは、読んであげたいですね。

愛情を伝える絵本じゃなくても、夜寝る前に毎日1冊読んであげることで、「お母さん、毎日忙しいのに必ず寝る前に絵本を読んでくれたなぁ」という思い出になり、それが自分は切にされていたという実感につながるのではないでしょうか。

こちらの記事では、寝かしつけのポイントやおすすめの絵本を紹介しています。よろしければどうぞ↓

絵本での寝かしつけがおすすめな理由とは?する際のポイントはココ

2019年4月25日

 

まとめ

  • 愛情をつたえる絵本のおすすめは、
    1. あなたがだいすき
    2. いつまでもすきでいてくれる
    3. わたしからあなたへ
    4. あなたがとってもかわいい
    5. パパとママのたからもの
  • 絵本を読むときには意識するといいことは、
    • 膝に座らせて読んであげる
    • 子どもが読んで欲しい時に読んであげる

 

日頃、子供に愛おしいと思う気持ちを、伝えるのは難しいですよね。

でも、「この絵本、読もっか」と言って、愛情を伝える絵本を読むのはいかがでしょうか。

その本が、お子様のお気に入りの絵本になればいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です