幼児に読み聞かせしたいおすすめ絵本5選!テーマは花

家の中でも外でも子どもには自然とふれあって欲しいなと思います。子どもは動物・植物など生き物への興味が高いと言われています。

散歩や公園での遊びの中で最初に子どもが自然とふれあえるものが、おではないでしょうか。もちろん家の中にお花を飾るのもいいと思います。お花を観察することで季節を学んだり、親子で一緒に色のお勉強をしたり、きれいなお花といった感情を育てたりすることもできます。

今回はそんなきっかけになればと、花がテーマの幼児に読み聞かせしたいおすすめの絵本をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

花がテーマのおすすめ絵本

ワタル
お花なんか飾って、今日は何の日?
ハルカ(妻)
お花屋さんの前を通りかかったら、あまりにもきれいでつい買っちゃったの。そしたら、何だか気分もウキウキしちゃって!
ワタル
そうなんだ。お花って子どもの情操教育にもいいらしいよ。
ハルカ(妻)
うちの娘たちへ読んであげられるお花がテーマの絵本があったら教えて!
ワタル
オッケー!紹介するよ!

0〜3歳児におすすめ5選

0歳児には言葉が話せなくても、目や耳で楽しめるので色のきれいな絵本心地よいリズムの絵本がおすすめです。1〜2歳児には好奇心を持ってもらえるような絵本を選びます。3歳児はだいぶ言葉もわかるようになってくるので、シンプルなストーリーのある絵本がおすすめになります。

①どのはないちばんすきなはな?

絵本の紹介
0〜2歳向け。色鮮やかなお花がいっぱいの絵本です。見る人に喜びと幸せをもたらしてくれる元気の出る絵本です。

⑤花さかじいさん

絵本の紹介
日本むかし話の1冊。誰もが知っている優しいおじいさんと欲張りじいさんの話。「ここほれ、わんわん」とシロが吠えるので掘ってみると大判小判がザクザク出てきました。「枯れ木に花を咲かせましょう」と灰をまくと桜で満開になり、正直で優しいおじいさんがお殿様からご褒美をもらえたというお話です。

Sponsored Link

花育について

 

花育におすすめ

ガーデニング

ガーデニングは家族みんなで楽しめる花育でしょう。季節ごとに咲く花を調べて植えれば学習にもなります。子供にお世話を任せることで責任感も育てます。

おすすめの植物
  • 小学校で夏休みに観察する朝顔
  • かわいい花が咲くミニひまわり
  • 実がなったら食べれるミニトマト
  • 水やりもあまり必要ない観葉植物

フラワーアレンジメント

花育の活動として子どもだけで参加できる簡単なものから、親子で参加するフラワーアレンジメント教室などもあります。地域活動などで開催されているものもあるので参加しやすいと思います。

植物図鑑

オールシーズンで楽しめて、外で見かけた草花を自分で調べて学べる楽しさや興味を広げられます。

ハルカ(妻)
花とふれあうことで子どももいろいろ学べるのね。勉強になったわ。
ワタル
まずは興味を持ってくれるきっかけに絵本を読んであげようかな!

*子どもの興味が高い動物の絵本はこちら↓にあります。

幼児に読み聞かせしたいおすすめ絵本5選!テーマは動物

2019年4月23日

 

まとめ

  • 花の絵本は色がきれいだったりするので赤ちゃんから親しめる。
  • 子どもが実際に見たことがあるお花が題材なことが多いので身近で興味を持ちやすい。
  • お花とふれあうことで優しさやきれいだと感じる心を育てることができる。
  • 絵本から興味を持ちお花を育てる体験教育にもなる。

生活の中でテレビやゲーム・スマホやパソコンなどに時間を使うようになり、自然とふれあう時間はどんどん少なくなっています。お花を見て感動できる心をもてる子どもの頃の実体験は貴重だと思います。

公園でお花を見て絵本に興味をもったり、絵本を見て実際に育ててみたり、子どもの有意義な教育にもなります。

今回は花を題材にした心が温まるような絵本を紹介しましたので、ぜひ読み聞かせをして子どもと一緒に時間を過ごしてください。読み聞かせをしてあげられる時期なんてあとで振り返ると短いですから、できる限りかわいい我が子に絵本を読んであげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です