幼児に読み聞かせしたいおすすめ絵本5選!テーマはくだもの

甘くて美味しいくだものは、大人も子供も大好きで身近な存在ですよね。

栄養も豊富で子供のおやつにぴったりなくだもの。そんなくだものの絵本を読み聞かせることで「食べること」に関心を持つきっかけにもなりますよ。

また、くだものを題材にした絵本は色鮮やかで可愛らしいものが多いので、子供も喜びますよね。まだ文字を読むことができない小さな子供や赤ちゃんでも、楽しめるものがたくさんあります。

この記事では、くだものに親しむことのできるおすすめの絵本を5冊ご紹介します。お子さんと一緒にぜひ手にとってみてくださいね。

 

Sponsored Link

くだものの絵本おすすめ5選

友人
娘の1歳のお誕生日プレゼントに、絵本を買おうかなと思ってるんだけど、何かおすすめの絵本ってある?
ハルカ(妻)
娘ちゃん、もうすぐ1歳だね。おすすめの絵本かぁ…そうだ!くだものが出てくる絵本はどうかしら?小さい子供や赤ちゃんでも楽しめるものがたくさんあるからおすすめだよ!
友人
たしかに、くだものが出てくる絵本って可愛くてカラフルなイメージだから、子供も喜びそうね!

おすすめ①『くだもの』

タイトルもズバリ「くだもの」。あたたかみのある美しいイラストで描かれた、美味しそうなくだものが次々に登場します。

くだものがまるごとの形から皮をむいたり切ったりして見た目が変わる様子も知ることができますよ

ハルカ(妻)
1歳半くらいから楽しんでいるという声が多くて、中には「子供がくだものを進んで食べるようになった」というママもいるのよ。
友人
くだものの絵がとてもきれいで鮮やかだね。皮をむいたくだものを一緒に食べる真似をしながら読むのも楽しそう!

おすすめ②『くだものさん』

葉っぱの影にくだものが隠れていてめくるとくだものが現れるというしかけ絵本です。

くだものたちの表情がユニークなところもポイント。途中、くだものではなく「りすさん」が紛れ込んでいたりもします。

「次は何のくだものが隠れているかな?」とワクワクしながら読むことができますよ。

友人
折り畳まれているところをめくると、くだものが落ちてくる仕掛けなんだね。
ハルカ(妻)
この本はうちにもあるんだけど、子供も「ぽろりん」って言いながら自分でめくるのが楽しいみたいでお気に入りの一冊だよ。

おすすめ③『くだもの だもの』

擬人化したユニークで可愛らしいくだものたちが登場します。

「キウイ うきうき うきわで およぐ」「バナナは なんばん? ななばんよ!」などリズミカルな言葉でお話が進んで行き、まだ内容が理解できない子供でもリズムを楽しみながら読める一冊です。

友人
なんだかダジャレみたいな言葉で、リズムがおもしろいね。
ハルカ(妻)
『おやおや、おやさい』や『おかしなおかし』というシリーズの絵本もあるから、よかったらチェックしてみてね。

おすすめ④『くだものどうぞ』

くだものがそのままの状態から皮をむいたり切ったりした状態へと変化する仕組みのしかけ絵本です。

りんごを切るときの「ざくざく」、食べるときの「しゃりしゃり」、みかんの皮をむくときの「ぺりっ」など、音の表現も楽しむことができますよ。

友人
みかんやバナナの皮がむける様子がすごくリアルだね!おもしろいし、美味しそう〜。
ハルカ(妻)
子供って仕掛けのついた絵本が大好きだよね。紙も厚手で丈夫だから、小さい子が遊んでも破けにくいよ。
友人
くだものに興味を持つきっかけになりそうだね。

おすすめ⑤『だるまさんと』

子供に人気のだるまさん絵本シリーズの第3弾。まんまるな体をしただるまさんと、いちごさん、ばななさん、めろんさんが登場してユニークなやりとりをします。

「ぺこっ」「ぽにん」「ぎゅっ」などの可愛らしい動きが表現されていて、子供と一緒にやってみても楽しめますよ。

ハルカ(妻)
だるまさんの絵本シリーズは保育園でもよく見るみたいで、うちの子たちも大好きなの。子供が絵本と一緒に揺れたりお辞儀をしたりする姿がとっても可愛いわよ。
友人
内容も短めだから、赤ちゃんでも飽きずに楽しめそうだね。

 

Sponsored Link

くだものの絵本を読み聞かせるメリット

ハルカ(妻)
くだものの絵本は単に可愛いだけじゃなく、色々なメリットもあるよ。
  • 様々なくだものに親しむことができる
  • くだものが出てくる絵本は色使いがカラフルなものが多く、まだ文字が読めない子供や赤ちゃんでも楽しく見ることができる
  • 子供がまだ知らないくだものを知るきっかけになる
  • 自分の好きなくだものが出てくると嬉しい
  • 食べることに興味を持つことができる
友人
小さい子供にとって、食べることに興味や関心を持つこともとても大切だよね。絵本を通してくだものや食べ物に関心を持つきっかけになりそうだね!
ハルカ(妻)
ごはんのおすすめ絵本や、食育についてはこちらの記事でまとめているよ!

幼児に読み聞かせしたいおすすめ絵本5選!テーマはごはん

2019年4月24日

また、絵本の読み聞かせの効果についてもこちらの記事で解説していますので、よかったら合わせて読んでみてくださいね。

赤ちゃんに絵本読み聞かせって効果あるの?おさえたいポイントとは?

2019年4月19日

 

絵本を読んだら本物のくだものに触れてみよう

くだものの形を楽しむ

皮をむく前のそのままの状態でくだものに触ってみたり、大人と一緒に皮をむいたり切ったりしてみましょう。くだものの色々な形を知ることで、より興味や親しみを感じることができますよ。

まだ小さいお子さんには、みかんやバナナなど手で簡単に皮をむけるものがおすすめ。包丁がいらないので安心ですよね。

ひとりで食べる練習にもなりますし、自分でむいたくだものを食べる喜びも感じることができます

くだものは栄養たっぷり

くだものは栄養が豊富で、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれています。生活習慣病の予防にも繋がるので、子供も大人も積極的に摂取(せっしゅ)したいですね。


資料:「平成17年度国民健康・栄養調査報告」(厚生労働省)から計算

引用:野菜等健康食生活委員会HP

季節を感じられる

くだものは季節ごとに「旬」がありますよね。春のいちご、夏のスイカ、秋の梨やぶどう、冬のみかんなど、くだものからも四季を感じることができます。

それぞれの季節に最も美味しくなるくだものを食べて、子供と一緒に季節感を楽しみましょう。

おやつにもぴったり

幼児期のおやつは、3度の食事だけでは足りない栄養を補うものという意味合いがあります。そのため、甘いチョコレートやケーキ、スナック菓子などではなく、おにぎりやくだものを与えることが推奨されています。

そのままや皮をむくだけで手軽にに食べることができるので、くだものは子供のおやつにぴったり。赤ちゃんの手づかみ食べにもおすすめですよ。

 

まとめ

  • くだものはとても身近な存在なので、くだものの絵本は小さい子供や赤ちゃんでも親しみやすいものがたくさんある。
  • くだものが擬人化したものや、仕掛けが付いている絵本は子供も楽しめる。
  • 子供がまだ知らないくだものも絵本で知ることができる。
  • 食に興味を持ったり親しんだりするきっかけになる。
  • くだものの絵本を読んだら、本物のくだものに触れてみよう。

美味しくて栄養も豊富なくだもの。そんなくだものがテーマの絵本には、色彩鮮やかなものや、カラフルで可愛らしいものがたくさんあります。

絵本を読んだら、本物のくだものに触れたり実際に食べたりして楽しみましょう。

ぜひ今回ご紹介したくだものの絵本を読んで、子供と一緒に素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です