タイトルが面白いと中身も面白い!?大人も楽しめるユーモア絵本5選

絵本は子どもが読むためのものと思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません!

子どもに読み聞かせをしながら、パパやママが夢中になっちゃう絵本もあるんですよ。そうゆう絵本てタイトルからして、不思議と面白いんです。

思わず手に取って読んでみたら最後…笑わずにはいられないはず。今回は、ユーモアがたっぷり詰まった親子で笑える面白い絵本をご紹介します。

 

Sponsored Link

面白い絵本5選

後輩・ユキノ
お久しぶりです。ハルカさん。
最近、息子の機嫌(きげん)がいつも悪いんです…。イヤイヤ期も終わったかな〜って思ってたんですけど、けっこうこじらせてるみたいで…。
ハルカ(妻)
あらら。それは大変だね。
後輩・ユキノ
しばらく息子の大笑いしてる顔みてないなぁ…。
ハルカ(妻)
じゃあ、面白い絵本を読み聞かせてみるのはどうかな?息子くんはもちろん、ユキノちゃんも旦那さんも思わず笑っちゃう絵本を紹介するね。

①おならうた(谷川 俊太郎)

絵本の紹介
子どもが大好きな”おなら”の絵本です。まるごと一冊”おなら”の話。「いもくって ぶ」「くりくって ぼ」おならを好きな子どもにとっては期待を裏切らない内容です。そして「りっぱに べ」で想像通りの最後がおとずれます。迫力のある絵も加わって面白さ倍増です。終わりは何とも健康的で清々(すがすが)しささえあふれる一冊です。
ハルカ(妻)
 短い文章でテンポよく読めるから、あっという間に終わっちゃうよ。パパが娘たちに読んであげると「くっさー!」って言いながらみんなでゲラゲラ笑ってるわよ。
後輩・ユキノ
子どもは、”ぶー”とか”びー”とか好きですよね。うちの子は男の子だから、特にハマりそう!

②でっこりぼっこり(高畠 那生)

絵本の紹介
「きょだいじんがマラソンをはじめました。」読んでいる人の頭の中にハテナが出た頃、さらーっと説明から始まります。「ここがぼっこりということは…こちらがでっこりということで…」知らないうちに引き込まれていつのまにか大笑い。笑いは理屈(りくつ)じゃない!全く役には立たないけれど、たまにはそんな絵本もいいんじゃない?と思わせてくれるような一冊です。
ハルカ(妻)
子どもには少しわかりにくいところもあるから、補足してあげると理解できてさらに盛り上がれるよ。
後輩・ユキノ
大人になると、意味もないことで大笑いするってなかなかないですよね。私が読みたくなりました。

③こんもりくん(山西 ゲンイチ)

絵本の紹介
生まれてから一度も髪の毛を切ったことがないこんもりくん。気がついたらとんでもない髪型になってしまった。でも、本人はとってもお気に入り。ふとしたきっかけで自分の髪の毛の中にある世界に迷い込んでしまったからさぁ大変!ここからはじまる予測できない展開がなんとも愉快(ゆかい)。最後は、こんもりくんの成長をちょっぴり感じられる一冊です。
ハルカ(妻)
この表紙絵がすごいよね。目からも面白さが伝わってくるよ。本屋さんで見かけたら思わず手に取りたくなるでしょ?
後輩・ユキノ
ほんとですね。息子の場合、見るだけでも効果がありそうです。

④もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう(土屋 富士夫)

絵本の紹介
主人公のひでくんがおしっこしたくてもっちゃいそうで、トイレを探してデパートの中を走り回ります。そんなときに限って、いろんなことが起こってたどりつけない。途中でキリンやコウモリが現れてトイレに案内してくれます。あれ?でもこのトイレ使えない!やっとの思いでたどりついたのに…「あぁぁぁ〜!!」というオチが待っています。クスクスしながら読みたい一冊です。
ハルカ(妻)
もれそうなのにトイレがない、やっと着いたのに使えない。このタイトルを聞いただけで「そう、そう。わかるわかる〜。」ってなるよね。
後輩・ユキノ
うちもこんな状況によくなります。身近なお話で子どもも入り込みやすいかもしれないですね。

⑤ゴムあたまポンたろう(長 新太)

絵本の紹介
主人公のゴムあたまポンたろうは、頭がゴムでできています。山にポンとぶつかって、ボールのように飛んでいきます。野球のバットのような大男のつのにあたってグングン飛んだら、ホームランだ!ジャングルでは、木々たちがポンたろうの頭をぶっとばします。タイトルだけでもなぞが多いですが、読んでみてもなぞが多い。でも、もう一度読みたくなります。読むたびに、なぜか笑っちゃう。そんな一冊です。
ハルカ(妻)
このタイトルを見ただけでも、どんな物語か読んでみたくならない?私が本屋さんで見つけたときは二度見したよ〜。ついでにこっちには楽しい絵本もあるから読んでみてね。

親子で一緒に笑っちゃう!読み聞かせしたい楽しい絵本5選

2019年4月27日
後輩・ユキノ
たしかに。絵本て面白いタイトルも多いんですね。これなら息子も興味を持ってくれるかもしれません!
ハルカ(妻)
ならよかった。子どもにはいつでも笑っていてほしいよね。それに、笑うってとてもいいことだからね。

 

Sponsored Link

笑うことはいいこと

「笑う門には福来たる」ということわざがありますよね。笑うことでいいこともたくさんあるんです。

最近の研究によると、子どもは1日に400回笑うのに対して大人になるとなんとたったの15回に減ってしまうんです。

後輩・ユキノ
15回!?ずいぶん減っちゃうんですね。

なぜこんなに違いがあるのかというと、子どもは笑うことに対して何も考えていないからです。面白かったり、楽しかったりすれば無条件で笑います。

それに対して大人になると、今まで経験した固定概念(こていがいねん)がじゃまをします。「○○に比べたら面白くない。」「○○に比べたら楽しくない。」なんて考えてると、笑う回数はどんどん少なくなってしまうんですね。

ハルカ(妻)
笑うってすごいんだよ。だってストレス解消、自立神経の安定、免疫力アップ、人間関係のスムーズ化、とどめは美容にも効果があるんだからね。

ストレス解消になる

笑うことで一番効果があるのはストレス解消です。笑うことで脳のなかには幸せホルモンが分泌(ぶんぴつ)されます。このホルモンによって、ストレスが解消されるんです。

幸せホルモンとは?

脳内ホルモンの中で分泌されると、心と体に心地良さを感じさせてくれるホルモンです。3つのホルモンで形成されています。

  1. イライラを抑えるセロトニン
  2. 快感を得られるドーパミン
  3. 心を落ち着かせるオキシトシン

から成り立つ。

ハルカ(妻)
笑うだけで幸せになれるなんてすごいよね。

免疫力がアップする

いつも笑っている人と笑わない人では、寿命が約7年も違くなるんてす。人間の体にはウイルスや細菌などから身を守ってくれるナチュラルキラー細胞が存在しています

ハルカ(妻)
このナチュラルキラー細胞が減っちゃうと、免疫力が低下して風邪をひいたり体にも悪い影響が出てくるんだよね。

でも、この細胞は笑うことで活性化し、免疫力をアップさせる効果があるんです。

自律神経が安定する

自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経からできています。

自律神経
  • 交感神経:心をリフレッシュさせて頭をすっきりさせる
  • 副交感神経:気分をリラックスさせてストレスを軽くする
ハルカ(妻)
この2つの神経のバランスが崩れちゃうとストレスが増すから、交感神経と副交感神経のバランスを保つことはとても大切なのよ。

笑うことで副交感神経を優位にして心がリラックスでき自律神経は安定します

人間関係がスムーズになる

いつも笑っている人は、明るい雰囲気(ふんいき)でまわりには人が集まってきますよね。笑いは伝染するので、みんなが笑顔になります。

ハルカ(妻)
そうすると、みんなが明るい雰囲気になって、人間関係も円滑(えんかつ)にすすみやすくなるのよ。

美容に効く

笑うと顔の筋肉を良く使うので、表情筋が鍛えられます。筋肉を動かすと血行も良くなり、むくみ予防にもなります。たるみも予防してくれて小顔になりますね。

ハルカ(妻)
私たちにはうれしい美容効果もあるのよ。
後輩・ユキノ
これはうれしいですね。笑うってこんなにいいことがあるんですね。じゃあ息子が常に笑っていられるようにするにはどうしたらいいんでしょうか?

 

笑顔があふれる子育て

ハルカ(妻)
子どもに笑っていてほしいならパパやママが意識していかないとね

親が笑う

笑うというのは他人から愛されたいという欲求によって出てく人間の本能なんですよね。子どもは、生後2~3カ月頃からパパやママの笑顔を見てまねをして笑うようになります。特に長く一緒にいるママの影響は大きくなりますね。

後輩・ユキノ
私たちが笑わないと子どもはまねができないですよね。

だからまずは、パパやママがよく笑うようにしていれば、子どもも自然と笑うようになっていきます。

ハルカ(妻)
なぜか、作り笑いはバレちゃうからやめた方がいいよ。

パパやママが心の底から笑っていれば、子どももまねして笑えますよね。

仲のよい家庭を作る

パパやママが子どもに関心がなかったり、仕事が忙しくてかまってあげられなかったりと家庭環境がよくないと子どもは愛情不足を感じてしまいますね。

ハルカ(妻)
愛情に満たされないまま育つと笑うどころじゃなくなっちゃうからね。
後輩・ユキノ
そうならないためにも、私たちがなかよく協力しあって子どもを最優先に考えて子育てをしないといけませんね。

パパとママが仲よく笑い合っている家庭で育つと安心感があり、子どもも笑顔でいられます。

愛情表現をする

子どもはパパとママが大好きですよね。特に一緒にいる時間が長いママは特別です。ママからの愛情をもらうと子どもは安心して自然と笑顔になりますね。毎日、子どもとの触れ合いを大切にしてみましょう

触れ合いタイム
  • テレビを一緒に見る
  • お風呂に一緒に入る
  • 眠る前に絵本を読む
  • 寝る前に今日1日のことを話す

などなど。

ハルカ(妻)
この時に、面白い絵本を読んであげるといいんじゃないかな。ちなみに、この記事には絵本の読み聞かせ効果について載ってるから読んでみてね。

絵本の読み聞かせは効果無い?おさえたいコツ・ポイントをご紹介

2019年4月25日

特別なにかをしてあげなきゃいけないとは思わなくていいんです。一緒にいるだけでも子どもは愛情を感じます。毎日、時間がないというなら、ぎゅっと抱きしめてあげるだけでもいいですね。

言葉にしなくても抱きしめるだけで愛情は伝わります。朝の出かける前はきょうも1日がんばろう。」夜の寝る前にはきょうも1日がんばったね。」と言いながら抱きしめてあげると効果的です。

しつこいくらい愛情を伝えてあげると子どもは自然と笑える子になってくれます。でも、気分が落ちこんでいる時に笑うのってむずかしいですよね。そんなときこそ面白い絵本を読んで笑顔になりましょう

ハルカ(妻)
意識して口角を上げるだけでも、脳がかんちがいして笑ったときと同じ効果があるんだよね。
後輩・ユキノ
私が意識すれば、息子も笑ってくれますかね…?
ハルカ(妻)
ん~。それはユキノちゃん次第かな。ユキノちゃんが眉間にシワを寄せてばかりじゃダメよ?まずはパパやママが笑顔でいないとね。
後輩・ユキノ
そうですよね。さっそく本屋さんに寄って面白い絵本を買って帰ります!
ハルカ(妻)
そーだそーだその意気だ〜♪これだけ息子くんのことを思って考えてるユキノちゃんの愛情だったらきっと届くよ。

 

まとめ

  • 面白い絵本5選
  1. おならうた(谷川 俊太郎)
  2. でっこりぼっこり(高畠 那生)
  3. こんもりくん(山西 ゲンイチ)
  4. もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう(土屋 富士夫)
  5. ゴムあたまポンたろう(長 新太)
  • 笑うことで体には良い効果が得られる
  • 子どもに笑顔でいてもらうには親が笑うこと

 

子ども向けとあなどっていた絵本も読んでみると、けっこうパパやママにも響くんですよね。

とくにつかれて帰ってきたときは、頭を使って読まないと理解できないような絵本じゃなくて、頭をからっぽにして笑える絵本はおすすめですね。

なんにも考えずに子どもと一緒に大笑いして、気分をリフレッシュさせてみるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です