妊娠中の引越しタイミング避けたい時期はある?その他おさえておきたいポイントをご紹介

子どもが生まれると家族が増えるので、お引越しを検討する人もいますよね。子どもが生まれる前に引っ越すのか、生まれたあとに引っ越すのかで夫婦で話し合うかと思います。

子どもが生まれてからだと赤ちゃんにつきっきりになるので、引っ越しの準備やお部屋の片付けどころではなくなってしまいます。そのため、「生まれる前」の引っ越しを選ぶ人もいます。しかし、「生まれる前」もそれはそれで不安もたくさんありますよね。

妊娠中だと重たいものを持ったり激しい動きは避けたほうが良いですし、妊娠してどれくらい経つのかで体調が優れないこともあります。
ただタイミングを合わせること、旦那さんがしっかり動くことで妊娠中でもお引越しはすることができるんです。

今回は、妊娠中のお引越しについてお話をしていきますね。
これは女性だけでなく、男性にもぜひ読んでいただいてパートナーを支えてあげてほしいです。

 

Sponsored Link

時期別 妊婦さんの体調

妊婦さんは時期によって体調に変化があります。まずは時期ごとの体調について見ていきましょう。

妊娠初期(4〜15週目・2〜4ヶ月)

  • 生理が止まる
  • 基礎体温が高いときが続く
  • つわりが始まる
  • 膀胱が刺激・圧迫され頻尿になる
  • 乳房が張ってくる

妊娠中期(16〜27週目・5〜7ヶ月)

  • いわゆる安定期
  • 乳房が大きくなる
  • 体重が増えてくる
  • お腹が大きくなってくる
  • 胎動を感じる
  • 便秘や痔になる人も

妊娠後期(28〜40週目・8〜10ヶ月)

  • 子宮が大きくなり、胃が押されてムカムカを感じる
  • さらに頻尿になる
  • 身体がむくむ
  • お腹がさらに大きくなり、張りや痛みを感じる時もある

ハルカ(妻)
妊娠中は本当にいろいろな体調の変化があって大変だったわ。
友人 サトミ
そうよね。その中だと妊娠中期が1番楽だったかも。
ハルカ(妻)
振り返ると私もそうかもしれないなぁ。妊娠初期のつわりが酷かったから、その反動で妊娠中期に入ると妊娠前より元気だったくらい(笑)
友人 サトミ
分かる分かる!お引越しを考えているのであれば、妊娠中期に済ませてしまうのが良いと思うな。
ハルカ(妻)
そうね。逆に妊娠初期はまだ安定してないし、妊娠後期はお腹が大きくて動きにくいから避けたほうがいいわ。

 

Sponsored Link

お引越しまでの流れ

お引越しをするとなると、何から手を付けたらいいのか、するべきことがどれくらいあるのか考えちゃいますよね。
特に妊娠中であると、出来る限り身体に負担が出ないように心がけたいものです。

ここからはお引越しに向けてどんなことをすればいいのかを見ていきましょう。

(戸建て購入なのか、賃貸物件なのかで新居が決まるまでにかかる時間が異なるため、今回は新居が決まった後の流れをご紹介します。)

お引越し準備ですること

  1. 引っ越し業者の見積もりを取る
  2. 荷物をまとめる
  3. 各種手続きをする
  4. 掃除

1.引っ越し業者の見積もりを取る

ハルカ(妻)
業者さんによって金額が異なるから、色々見たほうがいいわよ。
友人 サトミ
そうよね。どんなものを運んでくれるかとかも違ってくるもんね。

2.荷物をまとめる

1番労力使うのが荷物のパッキングですよね。終わりが見えない荷物の整理は中々やる気にもならないので後回しにしてしまいがちです。しかし、妊娠中だからこそ早め早めに取り掛かることをおすすめします。

友人 サトミ
引っ越しの時、荷物まとめるのが大変だったのよね。
ハルカ(妻)
わかるわかる。今思えば、体調が優れない日もあるから早めに取り掛かって、毎日少しずつすればよかったなって思うもの。
友人 サトミ
そうよね。自分1人で出来ることも限られているから、主人がいる時に優先することもピックアップしておくことがおすすめね。
ハルカ(妻)
うん!あとは通常よりも早めに取り掛かるのがいいわよね。2人暮らしなら遅くても1ヶ月前に取り掛かるほうが気持ちに余裕もあっていいいと思うわ。

3.各種手続きをする

荷物をまとめることに必死になってついつい手続きをうっかり忘れていたなんてことがあります。
具体的にどのような手続きをする必要があるのか見ていきましょう。

お引越し時各種手続き

  • 賃貸物件の解約手続き
  • 駐車場の解約手続き
  • インターネットの引っ越し手続き
  • 火災保険の住所変更手続き
  • 電気・ガス・水道の解約
  • 転出届の提出(別の市区町村へのお引越しの場合)
  • 印鑑登録の抹消(別の市区町村へのお引越しの場合)

結構な量の手続きがありますよね。「解約」の場合は、新居にて再度手続きをする必要があるのでご注意ください。

4.掃除をする

今住んでいるお家が賃貸であれば、退去時に掃除を一通りしないといけないですよね。
今まで家具を置いていて、ホコリが溜まっているところもありますし、水回りなどはいつもより念入りにする必要があります。
おすすめお掃除グッズをご紹介します。

ウタマロクリーナー

ハイホーム

どちらとも簡単にピカピカになりますし、万能なのでおすすめです。

 

準備をスムーズにするポイント

出来る限り早くから準備する

妊婦さんは体調が優れなかったり、お腹も大きくなっていたりしてどうしても動きにくいですよね。もちろん激しい動きも避けたほうがいいです。そのため、出来る限り早くから少しずつ準備をすることがポイントです。

ハルカ(妻)
サトミさんはお引越しの準備、いつごろからはじめたの?
友人 サトミ
私は新居に入居する日が決まってからだから、1ヶ月半前くらいからだったかなぁ。
ハルカ(妻)
そうなんだ。私は1ヶ月前から始めてギリギリだったから羨ましいわ。
友人 サトミ
早く準備に取り掛かることに損はないわよね。時間に余裕があるから、ついのんびりしてしまうけど特に妊娠中は何が起きるかわからないから出来る限り早くから取り掛かることをおすすめするわ。

使わないものから荷造り

例えば、オフシーズンの洋服や来客用の食器など普段はあまり使わないものってありますよね。そんなものからダンボールに詰めていくことをおすすめします。

新居に移ったあとはオフシーズンのものから片付けていけば、奥にしまうことができるので効率よくできるのでおすすめです。ダンボールに「オフシーズン」とか「来客用食器」などとわかるように印をつけておきましょう。

新居のレイアウトに合わせて箱に詰める

新居に移動後、いかに効率よく片付けるのかも重要になってきます。そこでおすすめなのが新居のレイアウトに合わせてダンボールに詰めていくことです。

お家によって作りが異なってきますよね。例えば2階建てのお家にお引越しをするのであれば、フロアごとにまとめておいたほうが楽です。

トイレに収納があるのかないのかでタオルを片付ける場所も異なってくると思います。今のお家に合わせてダンボールに詰めるほうが簡単ですが、新居の配置も考えてすることでお引越し後が楽なので考えてみてください。

体調が優れないときは無理をしない

友人 サトミ
妊娠中期でも時々体調が優れないときってあるよね。
ハルカ(妻)
そうね。そんなときは無理をしないのが1番って学んだわ。無理しちゃうと体調が優れない時間が長くなるだけなのよね。
友人 サトミ
わかるわかる!辛いときは無理をせず休むのが1番よね。ちょっと罪悪感もあるけど、休むことは妊婦さんの努めだと思うわ。
ハルカ(妻)
私もそう思う。しっかり休んで、良くなればまた頑張ればいいよね。

赤ちゃんが生まれた後の引越しについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

赤ちゃん連れの引越しタイミング避けたい時期はある?その他おさえておきたいポイントをご紹介

2019年12月2日

 

まとめ

  • 妊娠中であれば、体調面を考えて妊娠中期にお引越しをするのがおススメ
  • 入居日が決まり早め早めに準備をしていく
  • 体調が優れないときは無理をしない

子どもが生まれるときはお引越しを考える大きなタイミングだと思います。いざお引越しをするとなると、しなければいけないことが山ほど出てきます。
パートナーと協力しあって、身体だけは十分に気をつけてお引越しをしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です