子供と家遊びおすすめは?【3歳編】おさえたいポイントと共にご紹介!

新型コロナウィルスの流行をキッカケに多くの人の生活スタイルが変化しました。小さなお子さんがいる家庭は一日中室内にいる「おうち時間」に不安や戸惑いを感じ、大変な日々を過ごしていると思います。

特に3歳を過ぎると体格が整ってきて、「走る」「飛ぶ」「跳ねる」などの動作が思いっきり出来るようになります。外遊びがますます楽しくなる時期に外出を控えることは、子供はもちろん一緒にいるパパママもストレスや疲労が増えてきます。

そんな悩みを少しでも減らせるように、今回は子供も親も満足する家遊びとおさえたいポイント~3歳編~を紹介します。

 

Sponsored Link

3歳児の特徴

心と感情

親や友達とのコミュニケーションを通じて、どんどん言葉を吸収し会話が上達する時期です。少しずつですが自分以外の相手の気持ちも感じとれるようになります。

ハルカ
娘は3歳過ぎたころから「公園行きたい」「お菓子食べたい」みたいに、自分のしたいことを言葉にできるようになったよ。
友人
そうなんだぁ。やりたい事を明確に伝えてくれるとママも対応しやすくなるよね。
ハルカ
そうなの。でも2歳から始まったイヤイヤ期がさらに複雑になって、「雨だから外に行けない。でも公園に行きたい!」みたいにダメだとわかるけど、受け入れられずに大泣きして大変な時もあったのよ。

2歳のころの「なんでもイヤ」と拒否する態度とは異なり、3歳児の「イヤ」にはちゃんと理由があるのが特徴です。自我が強くなるためやりたいことを押し通したり、思い通りならないと泣き続けるなど、必死で自分の思いを訴えます。

思い通りにならない現状に葛藤しながら、少しずつ我慢することや協調性を身に付けていく大事な時期です。親からすればいつになったら落ち着くの?ともどかしくなりますが、これも一つの成長だと思って見守っていきたいですね。

身体と運動能力

手先が器用になり〇や△など簡単な図形を書いたり、ハサミを使うことができるようになります。

バランス感覚や運動能力もますます発達して、片足立ちやけんけんぱをしたり少し高い場所からジャンプするなど、2歳の頃より複雑な動作ができるようになります。三輪車やストライダーを乗りこなすなど、出来ることが増えてますます外遊びに夢中になるお年頃です。

 

Sponsored Link

3歳の子供におすすめの家遊びとポイント

 

おりがみ

シンプルですが幅広い遊びが楽しめます。まだ上手に折ることが出来なくても、絵を書いたり、くしゃくしゃと丸めてカラーボールを作りカゴに入れるゲームをしたりと遊び方は無限大です。

ハルカ
娘が3歳の頃、おりがみを手でちぎってお鍋やお皿に入れておままごとを楽しんでいたよ。あとはちぎったおりがみをシール代わりにして、のりを使って画用紙に貼る遊びも好きだったな。
友人
子供の発想はおもしろいね。おりがみをシール代わりに使うなんてなかなか思いつかないよ。
ハルカ
簡単なお花とか折り方を教えようとしたけど、おりがみを使い始めた時はちぎる・丸めるが好きみたいで折ったりはしなかったな。でもおりがみを出すと喜んで黙々と遊んでくれるから、私は家事に専念できて助かったよ。
友人
折り方を教えるのも良いけど、その子の自由に遊ばせるのがいいんだね。

こちらの動画で3歳のお子さまにも作れるチューリップを紹介しています。ママが折って見せたら、やりたがるかもしれませんね。

ねんど

 
おりがみと同様に幅広い遊びが楽しめるねんどもおすすめです。遊びながら集中力・想像力・表現力を身に付けられ、作る楽しさや達成感を味わえるので子供の自信にも繋がります。小麦で作られてるので、小さな子供も安全に使えるので安心ですね。
 
ハルカ
娘もねんどの不思議な感触にハマってずっとコネコネしていたよ。1人でも集中して遊べるから在宅ワークしているママにもおすすめよ
友人
ベタつかず小さな子供にも使いやすいのがいいね。それにカラフルで可愛い!色彩感覚も養えそう。
 
手先を使った遊びは脳に良い刺激を与えるので、ぜひ家遊びにおりがみやねんど遊びを取り入れてみてください。

室内トランポリン

(前略)組み立てはとても簡単で、ネジ状の足をはめ込むだけです。(中略)子供も喜んでいて、運動不足解消に一役買ってくれそうです!
 
 
(前略)届いてすぐから、子供たちが取り合いになるくらい楽しんでいて、安全面を考えてバー付きにしようか迷っていましたが、2歳の娘でも乗ってすぐから上手にジャンプしていてバーなしで全く問題ありません。音は生活音の方が大きいくらいで全く気になりません。(後略)
 
(前略)悩みのタネだった腰痛も消失しました。まさかそんな変化が起きると思っていなかったので本当にうれしいです。骨盤底が鍛えられるためかO脚も改善傾向で、姿勢も良くなってると声をかけられました。(後略)
 
 
(前略)マンションですが、思いっきり飛んでも騒音等全く問題ありませんでした。座り疲れたら、音楽聴きながら思いっきり飛べるのですぐに運動ができ、気分転換ができます。(後略)
 
友人
自分の家でトランポリンが楽しめるなんてすごい。家族みんなで使えるのがいいね。
ハルカ
家で過ごす時間が増えるとストレスもたまってくるから、体を動かして発散できるのはいいよね。私もコロナ太りの解消と娘の家遊び用に欲しいな。
 
おうち時間が増えてから室内トランポリンの需要が拡大しています。テーマパークで大人気のトランポリンが自宅にきたら子供達は大喜びすること間違いなしです。
 
外遊びができない子供のストレス発散と運動不足解消にはもちろん、大人も使用できるので在宅ワーク時の気分転換やエクササイズにおすすめです。
 
 

おすすめの家遊び~番外編~

お手伝い

お子さまとお家で過ごす時間が増えたからこそ挑戦できるのがお手伝いです。普段、子供が幼稚園に行ってる時間やテレビをみている時に「今のうち!」とパパッと済ませたくなる家事ですが、この機会にお子さまと一緒にするのもおすすめです。

友人
すごい!お手伝いってたくさんメリットあるね。ママと一緒に遊びながら楽しくできるかも。
ハルカ
その通り!遊び感覚で楽しむことが大事なポイントだよ。完璧をもとめたり強制すると、お手伝いに対してマイナスのイメージがついちゃうから気をつけてね。
子供にお手伝いをさせるときの注意点

  • お手伝いは時間とママの心に余裕があるときにトライ
  • 完璧をもとめず、遊び感覚で子供と一緒に楽しみながらやる
  • 子供がチャレンジしてるときは終わるまでじっと待つ(あまり手を出さない)
  • 失敗しても責めない。次に成功するにはどうすれば良いか一緒に考える

 

まとめ

  • 3歳になると手先が器用になり、運動能力も大幅に上がるので成長にあった家遊びをしよう
  • おすすめの家遊び
    • おりがみ→折る・ちぎる・丸める・貼るなど遊びの幅が広い
    • ねんど→おりがみ同様遊びの幅が広い
      • おりがみやねんどは子供の想像力や表現力を高める。集中して遊ぶのでテレワークや家事をすることが出来る
    • 室内トランポリン→ストレス発散や運動不足の解消に役立つ
  • 子供と一緒に家事をするのもおすすめ
    • お手伝いをすることで責任感や自立心が身に付く
    • 一緒に家事をすることで会話が増えて親子の信頼関係が深まる

 

いかがでしたか?今回はおすすめの家遊び~3歳編~を紹介しました。

3歳になると出来ることが増えてきます。お家の中でもお子さまの個性や好奇心、想像力は工夫しだいでいくらでも伸ばすことができるので、この機会に親子で一緒に家遊びを思い切り楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です