授乳中にコーヒーはやっぱりダメ?どの位ならOK?母乳や赤ちゃんへの影響など注意点5つ

コーヒーを飲みたくなるときってありますよね。授乳中は、自分の身体だけでなく、赤ちゃんの栄養にも関わるとき。

カフェインやアルコールは控えたほうがいいって聞くけど、ちょっとの量もダメなのでしょうか。今回は、そんな授乳中のコーヒーについてご紹介します!

 

——–

ハルカ(妻)
少し宣伝です!
全国宅配もできるウェルネスダイニングは、こちら↓から。

たまにはこういうのにも頼って、上手に育児していきましょう!
手を抜きたい時もあるでも食事には最低限こだわりたいあなた向けです。

レンジでチンですぐ食べられる宅配食の他に、15分で作れるお料理キットもありますよ~。

——–

 

Sponsored Link

授乳中にカフェインを控えたほうが良い理由

ワタル
ハルカ。コーヒー淹れたけど飲む?
ハルカ(妻)
ありがとう、ワタルさん。でも、今から子供に母乳あげるから、後にするね。
ワタル
そっか、ごめん。でも、ハルカ。授乳中にコーヒー飲んでもいいの?
ハルカ(妻)
そうね。コーヒーに含まれるカフェインについて知らないと不安よね。

カフェインには、眠気や倦怠感に効果がありますが、副作用として不眠やめまいなどの作用があります。そのため、子供がカフェインを摂ると睡眠に影響があるためたくさんの量を摂ることはおすすめできません。

その他の作用には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を亢進(こうしん)させる働きがあります。

エストロゲンの作用
  • 頸管(けいかん)の分泌液を増やす
  • 母乳分泌の作用を抑える
  • コラーゲン生成を助ける
  • 女性らしい身体をつくる

エストロゲンは、主に排卵前の準備をするために働くホルモンになります。そのため、授乳中はエストロゲンの分泌が抑えられます。授乳中は、プロラクチン、オキシトシンという女性ホルモンが増えてます。プロラクチンは、母乳を作り、オキシトシンは、母乳を出す働きをします。

カフェインの作用により、眠気やエストロゲンの分泌を増やすことで母乳分泌を抑えてしまうため、たくさんの量の摂取は摂らないほうがよいですね。

では、どのくらいの量なら飲んでも大丈夫なんでしょうか。

 

どのくらいなら飲んでも大丈夫?

カフェインの摂取について授乳中の女性は、一日300mg以下とされていてコーヒーカップ2杯分とされています。

また、カフェインの血中濃度は、30~40分ほどで最大になり、5時間ほどで半減します。

参照:Wikipedia

ワタル
知らなかった。一日一杯のコーヒーなら飲んでも大丈夫なんだね。
ハルカ(妻)
そうだね。でも、コーヒーを飲む前に気をつけておきたいことを知っといてほしいな。

授乳中にコーヒーを飲むときにどんなことに気をつけたらよいでしょうか。

 

Sponsored Link

授乳中のコーヒーを飲むときに気をつけたいこと

①授乳初期に気をつけよう

生後1~2ヶ月の赤ちゃんは、肝臓や腎臓の働きが不十分であるため、薬や母乳中の成分の影響を受けやすい時期といえます。そのため、この時期には、カフェインの摂取を控えたほうが良いでしょう。薬の服用は、かかりつけの婦人科に確認をしましょう。

②飲む時間に気をつけよう

カフェインを摂取して30~40分で血中濃度が最大になるため、授乳1時間前にコーヒーを飲むのを控えましょう。

③たくさんの量を飲むのはやめよう

量をたくさん摂ることで血中濃度が高くなるため、一日にたくさんの量を飲むことは控えましょう。健常者の方でも一日400mg(コーヒーカップ3杯ほど)とされています。

④ストレスをためないようにしよう

子育ては心配なことや不安に思うときはたくさんあると思います。食事などでもさまざまなことに気をつけたり、制限をしたりするので神経質になったりすることも多いでしょう。

ストレスをためすぎてしまうと心身のバランスが崩れて病気になってしまいますので、時には息抜きをしてストレスをためないようにしましょう。

⑤デカフェ(カフェインレスコーヒー)を利用しよう

カフェインレス・コーヒーは、脱カフェイン処理したコーヒー(豆、抽出液、インスタントコーヒー)である。単に「デカフェ」と呼ばれることも多い。

引用:Wikipedia

デカフェのイメージで通常のコーヒーより、味や香りが劣って美味しくないんじゃないの?って思うことがあるかもしれません。しかし、最近では美味しいものもあるので、デカフェを利用してリラックスしましょう。

 

デカフェのおすすめ

①澤井珈琲

個包装のドリップバッグになっているので入れる手間もかからず、簡単で美味しいコーヒーをいただくことができます。

②TSUJIMOTO coffee

気分によって、モカやデカフェ オレを楽しめるなどデカフェの種類も豊富です!

③姫路珈琲物語

まずは試してみたい、そんな方にはこちらがおススメです!

もちろん、ネットスーパーでもノンカフェインの商品を買うことができるので、普段の食材と一緒に買うのもいいかもしれませんね。ネットスーパーに関して気になる方は、こちらの記事もどうぞ!

食品・食材宅配サービスおすすめは?安さ目線で比較、3選を紹介!

2019年1月29日

 

——–

ハルカ(妻)
もう一度だけ!(笑

全国宅配もできるウェルネスダイニングはこちら↓から!

——–

 

まとめ

  • カフェインの作用を理解しよう
  • コーヒーを飲む量に気をつけよう
  • 飲む時間に気をつけよう
  • 授乳初期は控えよう
  • カフェインレス、デカフェを利用しよう

 

授乳中には、生活面特に食生活に関して気にすることがたくさんありますね。そんな中でもコーヒーを飲んでほっと一息をしたいときにカフェインの影響があるのかなと考えてしまうと逆に疲れてしまうことがあると思います。

そんなときは、デカフェなどのカフェインレスの商品が多くなってきているので上手に利用して楽しく育児をしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です