プロフィール

初めまして。このサイトの管理人、ワタルです!

愛する妻ハルカとの間に今二人の娘がいます。いやあ、娘達が可愛くて可愛くて。

日々家族4人で楽しく過ごしてます!

 

でもね。。

子育てって、楽しいばっかじゃないですよね。つらい時や疲れる時もほんと多い。

そんな時は、、良い意味で手を抜きながらやっていくってこと。それがこれまでの子育て生活の中で、夫婦ともども一番の学びです。(笑)

そして、これも大事だと思うんですが、積極的にインターネットや本、ちょっとでも頼れそうな人等々外に解決策を求めること。自分たちだけでは、どうにもならない事も多いですから。

ピンポイントで解決に至らなくても、ヒントはもらえたりしますしね。

 

いやあ、色々ありました。。その中でも印象に残ってるエピソードを一つ。

上の娘が新生児の時、夜泣きがほんとひどくて、夫婦共に睡眠不足でフラフラになってたことがあったんです。ほぼ毎晩確実に、1~2時間置きにギャン泣きしていたので。。

その時は、ほんときつかったですね。夫婦でお互い優しく接しようと努めるんですが、なかなか上手く行かなかったり。。

その状況どうにかならないもんかと、私、まずは職場の人にちょっと聞いてみたんです。「夜泣きってどうやったら良くなりますかね?」って。

ただその時は、「え~、うちの子あまり夜泣きしてなかったんじゃないかなあ」とか、「その内寝てくれるようになるよ」といった回答しか聞けませんでした。(笑)

そこで、次はすぐさまインターネットで情報を探してみました。その結果、最終的に一つの本(※)に行きついたんです。

(※「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」という本です。)

さっそく購入し、ダメ元でその本に書いてある事を試してみたところ。。即日とはいきませんが、2~3日でちょっと効果が感じられるようになり、1週間位したら大分娘が寝てくれるようになったんです! (最低でも4~5時間は寝続けてくれるように!)

最終的には、寝かしつけから朝まで、ずっと寝てくれることがほとんどになりました。

しかも、正直言うと、、その本に書いてあるやり方の中でも「これが一番ポイントなんじゃ!?」って思ったとこだけ、重点的に夫婦で意識してやってみたんです。それだけで、ですよ。

(本のやり方全部を完璧に実行するのは中々大変そうだなって思っただけなんですけどね。 ちなみにそのポイントというのは下の方に。)

もちろん、全員が全員この本のやり方で効果が出るわけじゃないとは思いますが、少なくとも知らないと試しようが無いですからね。あとうちの娘には、たまたま合ってただけなのかもしれません。

でもその時は、ほんとこの本に感謝しました神様に思えましたよ。(笑)

(ちなみに、その方法を下の娘にも活かせたので、下の娘の時は初めから家族で安眠生活でした~。)

また、その後たまたま職場の仲間で、同じように子供の夜泣きに困っているという人がいたので、その本を貸すとともに、少なくともこれだけはやってみて、と自分たちが意識したポイントも伝えたんです。そしたら、、やはり効果があったとのこと。

ほんと助かったよ~」と言ってもらえました。

自分がその方法を作り出したわけでもないのに。学んだことを「横流し (言葉は悪いですが)」で伝えただけなのに。でも、素直にうれしかったですね。

ただ、その時思ったんです。
情報を知ってる・知ってないってだけで、こんなに違いがあるものかと。。

そして、こういう情報って、自分の中だけにとどめてたら周りの近い人にしか伝えられないけど、例えばインターネット上に公開しとけば、少なくとも今よりは多くの人に伝えられる。

それを見てくれた人の中には、私たち夫婦や職場の仲間のように、「助かった~」って思ってくれる人もいるんじゃないかって。

(神様とまでは、思ってもらえないかもしれませんけど。(笑))

ということでこのサイトでは、私たち夫婦が、時には友人の力も借りて、同じように子育て中の方に向け、知っておいて損は無い、育児に関してのお役立ち情報を紹介していきます。

あ、そちらは手を抜きませんよ!(笑)

では、よろしくお願いします!

 

その他の登場人物

ハルカ(妻)
妻のハルカです! 夫婦ともどもよろしくお願いします!
友人
この家族とは仲良くさせてもらってまーす。

 

私たち夫婦が重点的に試した、赤ちゃんの夜泣きを減らすポイントとは?

夜、赤ちゃんが寝た後に泣き出しても、すぐにさすったり声をかけたりせず、一定時間は「そのままに」しておくということです。

もちろん、何でもかんでもそのままにすれば良いというわけではないです。また、泣いている赤ちゃんをそのままにすることに、強い抵抗感を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ですので、詳しい内容は上記の本をご覧いただき、ご自分で納得した上でぜひ慎重にやってみてください。

 

実際、私たちも抵抗感ありました。ですが、夜泣きに悩んでいたのも事実ですし、とにかくやってみようという気持ちでやってみました。

そして、少なくとも私たちの娘の場合は、「赤ちゃんが泣いても意識的にしばらくそのままにし赤ちゃんがみずから次の睡眠サイクルにはいるのを邪魔しないようにする」というこの方法は効果があったようです。

実際に寝続けられる時間が、急激に長くなっていくのを実感しましたので。

またこの経験から、親が良かれと思ってやっていた行動が、実は赤ちゃん本人にとっては迷惑な時もある、という大きな気付きもありましたね。